必見情報

失礼に値しなければ俳優オーディションはやりたいことをやるのが基本

俳優になるために不可欠なオーディション

俳優になってテレビや舞台で活躍したいと考えている方が結構いるはずです。
有名人になりたい、高い収入を得ることができる仕事をしたいなど理由は人それぞれにあると思われます。
事務所に所属するためには、俳優オーディションを受けなければいけません。
スカウトで所属が決まるケースはありますが、それは本当に稀なので、基本的には俳優オーディションを受けることになります。

様々な事務所で俳優オーディションを実施しているため、一つだけでなく複数のオーディションを受けることをおすすめします。
最初に受けたところはダメでも、その後に受けた俳優オーディションに受かることが少なくないので、一つしか受けないのは勿体ないです。
有名な俳優の中には俳優オーディションを何回も受けて、最後に受けたところで合格となった人がいるので、粘り強くチャレンジすることがとても大事になります。
オーディションの情報は事務所のホームページなどに掲載されているので、確認してみてください。

自分の魅力をアピールしよう

俳優オーディションでは何をするのかというと、軽い演技や歌をする機会がありますが、1番大事になるのが自己アピールです。
審査してくれる人に失礼のないことであれば、基本的に何をしても問題ありません。
自分の好きなことや得意なことをアピールして、自分の魅力をアピールすることが求められます。
演技力や歌唱力がイマイチでも自己PRで高い評価を受けて合格となった人がいるので、演技や歌が得意でなくても自信を持って挑むべきです。

気をつけなければいけないのは、何もしても構わないのですが審査してくれる方に対して失礼な行為をしてはいけないことになります。
事務所の偉い人やマネージャーになるかもしれない人が審査してくれているので、礼儀は持って俳優オーディションを受けてください。
人間性もチェックされているので、初めて会うのに無礼なことをするような人は合格しません。
失礼なことをしないことだけは、気をつけてアピールすることが重要です。

まとめ

俳優になりたいのであれば、俳優オーディションは避けては通れない道です。
上手くアピールできるか不安に感じるかもしれませんが、リラックスして好きなことや得意なことをアピールすれば評価してもらえます。
基本的に失礼のないことであれば、何か光ものを感じれば興味を持ってもらえるので、自分の魅力をアピールできるかが大事です。
演技力や歌唱力が不十分でも、自己PRで良いものをアピールできれば合格となる可能性が十分あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。