必見情報

俳優オーディションはオンラインでも開催されている

俳優オーディションの開催場所はスタジオだけではありません

舞台やドラマ、映画などに俳優として出演したいならば俳優オーディションを避けて通ることはできません。
スタジオなどに集められて、そこで芝居を見せる形式が一般的ですが、コロナウイルスが流行している現在はオンライン形式も少なくありません。
リモートワークのように、インターネットに接続したPCやスマートフォンのカメラを使ってやり取りするのです。
まず監督や演出と画面越しの挨拶をして、それから指示された内容を演じるのです。
ただ芝居をするだけでなく、面接のように質問に答えていくことも多いです。
これは日頃の話し方をチェックしたり、他の出演者とのコミュニケーション能力を試しています。
舞台でも撮影でも、出演者やスタッフといい雰囲気を作れる人に仕事が舞い込みす。
現在は就職活動もオンライン面接が増えているくらいですから、俳優オーディションもオンラインが多いのです。
画面越しとなるため伝わりきらない部分もありますが、その点は理解したうえで開催されているようです。

オンラインの俳優オーディションはスタジオと違います

さまざまなコミュニケーションがオンライン化していますが、画面越しのやり取りに限界があるとの指摘も多いです。
これは俳優オーディションにもいえることで、俳優それぞれの使用するPCやスマートフォンの違いによって声や動きの伝わり方に差が出るのです。
ですからオンラインの俳優オーディションに合格したければ、その違いを理解して準備しなければなりません。
事前準備が重要と言う点では従来の俳優オーディションとの間に違いはありません。
オンラインの俳優オーディションと特有のメリットもあります。
認められない場合もありますが、録画することが可能ですから反省がしやすいのです。
自分の芝居や受け答えを後で客観的にチェックできますから、努力が実りやすいのです。
事務所に入っている俳優ならば、マネージャーなどの事務所関係者から俳優オーディションの様子を見た上でアドバイスがもらえるでしょう。
この環境だからこそ享受できるメリットです。

まとめ

新型コロナウイルスの流行により、オンラインの俳優オーディションが増えています。
PCやスマートフォンのカメラを使ってやり取りするもので、画面越しの芝居や面接となります。
この形式に変わると縁起や受け答えの印象が変わるので、対策が少し変わってきます。
準備をしっかりすることが重要です。
オンライン俳優オーディションの大きなメリットは、録画した映像を使って反省会ができることです。
場合によっては人から客観的なアドバイスをもらえる見込みもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。