必見情報

俳優オーディションは自分の個性を知って貰う場

俳優オーディションは他の人にはない個性が大事

俳優オーディションにはたくさんの人が参加するので、埋もれないように努力する必要があります。
他の人にはない個性はとても大事になるので、俳優オーディションに参加する場合はまず自分の個性を見つけることから始めると良いです。
俳優オーディションでは自分をアピールする時間をもらえますが、その時間は1分くらいであることが多いので、短時間で印象に残ることをしなくてはいけません。
見た目にインパクトがあったり、歌唱力が高かったり、ダンスが上手ければそれを思う存分見せつければOKです。
そういった個性がない場合でも諦めてはいけません。
俳優オーディションでは「何か光るもの」を見せることができれば印象に残ります。
格好良くなくても可愛くなくても、ユニークであったり楽しい気分になれるものであれば十分合格する可能性はあります。
俳優オーディションで変わった趣味を披露したり、珍しい特技を披露することで合格した例もあります。

自分のことをよく理解してアピール方法を考える

自分のことをよく理解している人はアピールも上手いです。
逆に自分のことをよく分かっていない人は、他人から「あなたはどのような人ですか」と聞かれてもすぐに答えられないはずです。
自分のことがよく分からない場合は色々な方法で理解度をアップしていきます。
一番手っ取り早いのは家族や友達に「個性を教えて」と質問する方法です。
これは時間もお金もかからないので一番最初にやってみることをおすすめします。
普段から接している人の意見はとても参考になりますし、自分を客観的に見つめなおすことができます。
もっと色々な角度からアドバイスが欲しい場合は普段あまり接することがない人、または分析力が高いアドバイザーなどに相談するのがおすすめです。
幅広い世代とお話できる場所に足を運んだり、セミナーやカウンセリングを受けるのもありです。
自分に対する理解度がアップすると相手に対するアピールも理路整然としていきます。

まとめ

俳優オーディションは他の人にはない自分の個性を見せつける場所です。
一般社会では人と違うことはあまり良いことではないと言われることが多いかもしれませんが、俳優オーディションでは他の人と違うというのは大きな武器になります。
個性をアピールするためには自分のことをよく知る必要があるので、家族や友達に意見をもらうのもおすすめです。
セミナーやカウンセリングを受けるのも効果的なので、そういったものも利用して積極的に意見を求めるのが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。